スウェーデン旅行

【スウェーデンのトイレ事情】簡単に行けない特徴と無料スポット【子連れ旅行者必見!】

きこ
きこ
こんにちは!スウェーデン在住ママ、きこです。

 

読者
読者
トイトレ中の子供とスウェーデン旅行に行くけど、日本のトイレと設備は違うのかしら?

 

答えは、スウェーデンのトイレは日本のトイレと大きく違う、です。

 

何が違うかというと、

  1. 公共トイレは有料
  2. スーパー等はトイレなし
  3. お願いしても貸してくれないケース多し

が主だと思います。

 

きこ
きこ
これでは、トイトレ中のお子さんがいらっしゃると不安ですよね。

 

なので、今回は、トイレに行きたくなってから慌てない為にも、

 

  • スウェーデントイレの特徴
  • 無料で行けるスポット
  • スウェーデントイレ事情の裏話

 

についてご紹介します。

 

スウェーデンの公共トイレは殆ど有料

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 注意”>スウェーデンの公共トイレは、殆ど有料です。

相場はSEK 5〜SEK 10くらいで、日本円で60円〜120円ほど。(SEK 1=12円で計算)

 

きこ
きこ
外出前や飲食店を出る際は、必ずトイレに行った方が安全です!

 

利用方法について

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 特徴”>

利用方法は難しくありません。

 

有料トイレの利用方法
  1. トイレのドア付近に支払い用機械(上記写真参照)がないか探す
  2. 見つけたら、クレジットカード/コイン(お釣NG)/携帯電話の支払いアプリで支払う
  3. 普通に利用する
  4. <終>

 

きこ
きこ
外出前や飲食店を出る際は、必ずトイレに行った方が安全です!

 

スウェーデンのトイレ、日本との違い

日本と明らかに違う点をご紹介します。

 

大体どこも男女兼用

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 注意”>スウェーデンのトイレは、結構な割合で男女兼用です。

入り口のドアに男女のマークが一緒に表示されており、男女兼用を意味します。

 

男女別のトイレが無い訳ではなく、男女別トイレも勿論それなりにありますが、日本よりは男女兼用トイレが多い印象です。

 

ウォシュレット無し

残念ながらホテルのトイレだろうが、ウォシュレットはありません。

自宅用であれば、近年では業者へ発注可になってきたそうです。

 

因みに、アジア圏でたまに見る紙は流すのNGトイレはなく、どこも紙は流してOKなのでご安心を!

 

お願いしても借りられない

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 注意”>日本では、コンビニやスーパー等にトイレがあり、お願いすれば借りられますよね。

 

残念ながら、スウェーデンのコンビニやスーパーには借りられるトイレがありません。

又、カフェやレストラン等にトイレを借りたいとお願いしても商品の購入を要求されます。

 

というのも、トイレのドアにピンコード機械が付いており、レシートに記載されたピンコードの入力を要するケースが多いためです。

 

きこ
きこ
カフェではレシートを捨てずにきちんともらいましょう!

 

スウェーデンの無料トイレスポット

私が把握している無料のトイレスポットは4つあります。

 

  • ショッピングモール
  • 公園(Parklek)
  • 観光地(博物館など)
  • ホテル

 

無料スポット①ショッピングモール

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 無料”>中央駅にあるNK(エヌコー)やKarlaplanのショッピングセンター、mall of scandinaviaなど、ショッピングモールは無料の場所が多いです。

 

NK(エヌコー)のトイレは、中央駅という立地も相まって長蛇の列である事が多いです。

トイトレ中のお子さんと行かれる際は、余裕を持って行きましょう!

 

無料スポット②公園(Parklek)

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン 無料 トイレ”>筆者一押しの無料スポットは公園内の管理施設です。

 

管理施設が営業している時間帯のみ利用可ですが、ストックホルムは公園の数も多いので頭の片隅に入れておくのが良いかと思います。

 

https://best-of-sweden.net/swedenplayground/

 

無料スポット③博物館などの観光地

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン 無料 トイレ”>博物館などの観光地は無料トイレが多いです。

残念ながら例外もあり、ストックホルム市立図書館は無料ではないのでお気を付けて。

 

https://best-of-sweden.net/swedenmuseum-forkids/

 

無料スポット④ホテル

<img src=”cat.jpg” alt=”ストックホルム 無料 トイレ”>ホテルは最後の駆け込みトイレとして、スウェーデン人に教えていただきました。

筆者はまだお願いした事がありませんが、大体のケースは借りることが出来るようです。

 

https://best-of-sweden.net/stockholmhotel-forfamily/

 

スウェーデントイレの裏話

日本ではありえない事もたまに起こったりします、という話をご紹介します。

 

間に合わなくてエレベーターでしちゃう!?

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 注意”>スウェーデンに来て衝撃だったのが、繁華街のエレベーターが臭い。。。!

スウェーデン人の友人に聞いたところ、どうやら夜に酔っ払った方がトイレまで間に合わずエレベーターでしちゃうケースがあるそうな。。。

 

以前、Östermalm駅でかなり臭うエレベーターに乗ったことがあります。

現在は、掃除を徹底されたのか、まるごと変えられたのか2020年2月付けで臭くはなかったです(笑)

 

子連れは『おまる』持参!?

<img src=”cat.jpg” alt=”スウェーデン トイレ 注意”>スウェーデンはベビーカー天国。

ベビーカー利用者がかなり大きく、ベビーカー自体の大きさも日本よりかなり大きいです。

 

ベビーカーの荷物置き場も大きいせいか、公園ではたまにおまる持参の方を見かけます。

初めて見た時は驚きましたが、トイトレ中のお子さんだと急にトイレ行きたいと言われて困りますもんね。

 

因みに、トイレがない公園だと、ごく稀に公園で普通に子供に用を足させている保護者がいます。

こちらも日本ではありえませんが、スウェーデンだと『Good boy!』とか言ってて海外ならではの緩さを感じます。

 

まとめ

スウェーデンのトイレ事情と無料で利用できるトイレスポットを紹介させて頂きました。

 

日本に比べてトイレがあるスポットは少ないし、第一『トイレ利用にお金を払う』という行為に馴染みがないので、抵抗がある方もいるかもしれません。

料金を払ったからといって綺麗な訳ではないので、正直私もあまり払いたくないです。

 

お子さんがトイトレ中であれば尚更大変かと思います。

なので、スウェーデンにお越しの際は、外出前、飲食店を出る際、博物館や公園を出る前に必ずトイレを済ませるのが快適な旅行を楽しむ秘訣とも言えます。

ABOUT ME
きこ
スウェーデン在住のアラサー。 夫と娘(3歳)と3人暮らし。 北欧生活は期間限定。 引きこもりですが、せっかくの海外生活なので楽しもうとアレコレ奮闘中。 (ブログもその1つ) 日本に帰ってチョコパイを食べるのが今から楽しみ!